2012年の宝塚記念を思い出させる阪神ジュベナイルフィリーズであった。
石橋脩騎手騎乗のオルフェーヴル産駒のラッキーライルックが川田将雅騎手騎乗のルーラーシップ産駒のリリーノーブルを破る勝利。2012年も二頭のワンツーで終わり、阪神ジュベナイルフィリーズもこの二頭で決まった。石橋脩騎手はビートブラック以来のG1勝利、名前にラックがつくのは偶然であるが面白いと思えた。新種牡馬オルフェーヴルの初G1制覇が牝馬であるとは、父ステイゴールド産駒の牝馬G1勝利はレッドリヴェールとアドマイヤリードだけに父を凌駕する活躍を期待せずにはいられない僕であった。

坂本真綾のビタミンMを聴きながら予想している。半分は酔っぱらいなので予想も適当なのかもしれない。案外、そちらのほうがいいはんこ屋に当たるか。